今月はコーヒーにまつわる記事をたくさん書きました。



202102_450




コーヒーは好きです。

毎朝、コーヒー豆を挽いて、ドリップしてコーヒーを淹れる。
ただの習慣。

豆の焙煎や質に対して、こだわって選んでいるわけではなく、手ごろに続けやすい価格帯でいろいろ試してます。

(お値段と味のバランスが手ごろで、よくリピートしているのはこれ↓。



コーヒー コーヒー豆 2kg 珈琲 珈琲豆 お試し コーヒー粉 粉 モカコーヒー 豆 専門店の甘〜い香り♪ モカスペシャル大入りコーヒー 福袋 クイーンモカ モカブレンド

お買い物マラソンなどのタイミングでよくポチってます。)


豆を挽く道具については、手回しのグラインダーの他、幾つかのグラインダーを試して、最終的にラッセルホブスのグラインダーを愛用してます。

シルバーの蓋を壊してしまってからは、ブラックに買い替えて、いまはラッセルホブス2台目。







Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP /ラッセルホブス 【ポイント5倍/送料無料/一部在庫有/一部お取寄せ】【RCP】【p0308】



コーヒー豆は熱で味が変わるため、ゆっくり手で挽いた方がいいと聞いたことがあります。
簡易グラインダーは挽き具合を統一するのも難しいし、高速で挽くので、きっとコーヒーにこだわるならもっと違う道具がいいのだろうなぁと、思いつつ、手軽で続けやすいものを選んでしまってます。

それでも、挽きたての豆をドリップするときの香りは十分に楽しめるし、日々の習慣としては悪くない。

コーヒーは道具もいろいろあって、いろんな道具を見るのも好きです。
そして、あれもこれも試してみたくなるけれど、実際にはそんなにたくさん試すわけにもいかず、数年に一度くらい、買い替えたい衝動に駆られて新調。

ここ数年、2017年6月に購入したKINTOの600mlのサーバーをメインで使ってましたが、先日、coresの750mlのサーバーに買い替えました。







cores クリアガラスサーバー 6カップ(750ml) C516 /コレス 【ポイント5倍/あす楽】【ZK】【RCP】【p0308】



この一年間、主人が在宅勤務で家で仕事をするようになったのが大きな理由。
まとめてたっぷりコーヒーを作って、ティーコージーで保温しておくため。



202102_453




コーヒーにこだわるならば、そのときに飲む量だけを淹れて、淹れたてを飲むのでしょうけれども、デスクワークの合間に飲むためのコーヒーに、あまり手間をかけていられない。

朝食時にたっぷりコーヒーを淹れて、朝食で飲んだ残りはティーコージーで保温。
主人が仕事を始めたら、朝食の残りのコーヒーをカップに注いでデスクワークのおともに出してます。

ときどき、気まぐれでミルクフローサーでふわふわのミルクを作って、カフェオレにして出してます。
コーヒーが淹れたてでなくても、ふわふわのミルクを加えるだけで特別になる、気がする。





ミルクフローサーでふわふわのミルクを作るのも好き。
それは、コーヒー好きとは関係のないところで。

そもそも、コーヒーにこだわるなら、保温なんてしないだろうし、ブラックで味わうのだろうな、とも思うので、たっぷり作って保温して、ミルクを注いでしまう程度のコーヒー好きです。

美味しい特別な珈琲豆は実際に美味しいと思うし、こだわって美味しく淹れると味も変わるし、とても楽しい趣味だと思うけれど、日々の暮らしとこだわりは必ずしも一致しない。

だから、たまに、ゆっくりこだわりの豆でこだわりの淹れ方で、じっくり美味しいコーヒーを味わいたいと思う。



202102_496




それとは別に、日々の習慣は続けやすいこともやっぱり重要なのだと思う。

これは、コーヒーに限った話でもないけれど。
毎日の暮らしを快適に楽しむことと、こだわりの趣味の時間は必ずしも一致しない。
それでいいと思う。

暮らしの隅から隅まで、じっくりこだわったヒトになりたいと思うこともあるし、憧れるけれど、現実は、こだわりと妥協のバランスだったりもする。

そして、そんな暮らしもけっこう快適だと思うこのごろです。







にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ